東京都が外国人家事支援事業開始を検討

2016年5月10日付けの朝日新聞によりますと、東京都が地域を限って規制を緩める「特区制度」を使い、外国人による家事代行サービスを解禁することを検討しているそうです。実現すれば神奈川県、大阪市に次いで3地域目となります。東京都と当初外国人家事支援労働者の受け入れに慎重でしたが、これを受け対象地域がさらに広がる可能性が出てきました。

Comments are closed.